>

吸引力・持続力が気になる方向けの掃除機

安定感を求めるならキャニスター型の掃除機

大きな容量や、パワフルな吸引力を求める方は、本体を床で引きずるタイプの「キャニスター型」の掃除機がおすすめです。

本体が大きいため、ダストカップの手入れの回数が少なくて済み、また、コードがあるものなら充電切れを気にせずに掃除ができるため、まとめて徹底的に掃除をしているという方や、大きな家に住んでいる方に根強い人気があります。
キャニスター型のコードレス、という商品もありますので、「パワフルさと手軽さの両方が欲しい」という方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

中には、コード付きのキャニスター型の掃除機と、ハンディ型の掃除機を併用している方もいるようです。
大きなところはキャニスター型掃除機、細かいところは小回りが利く安価なハンディ掃除機、と使い分けることによって、掃除の負担が減らせます。
東芝やシャープ製のものが種類が多く、人気のようです。

サイクロン式と紙パック式、吸引力は?

以前の掃除機は紙パックにゴミを集めて紙パックごと捨てる「紙パック式」のものが多かったようですが、近ごろはダストカップに直接ゴミをためる「サイクロン式」が主流です。

紙パック式のものは、空気が通る部分に紙パックがあるため、ゴミがたまると吸引力が落ちたり、排気からゴミに臭いがしたりするという欠点があります。
さらに、紙パックは消耗品のため、なかなかゴミをこまめに捨てるということがしづらいようです。
サイクロン式なら、ゴミをつど捨てられるので、吸引力が安定しています。
吸引力を求める方には、サイクロン式がおすすめです。

一方で、紙パック式の掃除機にもメリットがあります。
紙パックにゴミがたまるので、ゴミが散らからず、また、吸ったゴミを見ることなく手入れができます。
掃除機をかけること自体の手間を省きたい方にはサイクロン式、ゴミ捨ての手間を省きたい方には紙パック式が人気のようです。


この記事をシェアする